CAMERA & GADGET

NEEWERアンブレラソフトボックスを購入してみた!実際の使い勝手は?

カメラを購入したら是非使ってほしいストロボ。家族写真や物撮りの写りがワンランクアップする素晴らしいアイテムなのです。

そんなストロボで様々な表現に挑戦するにはソフトボックスやアンブレラもあったほうが便利です。

今日はNEEWERから発売されている、アンブレラタイプのソフトボックスを購入してみたのでレビューしたいと思います。

ボーエンズマウントタイプのソフトボックスも購入したので後日、比較記事をアップしたいと思います。

商品概要

ディフューザー面直径80cm
材質ナイロン/アルミシャフト
重量
本体サイズ幅80cm x 奥行66cm x 高さ72cm
形状八角形

カラーバリエーション

2020.02.27現在カラーバリエーションはブラック、ブルー、レッドの3色展開です。

サイズバリエーション

2020.02.27現在サイズは80cmタイプと120cmタイプの2種類を展開しています。

NEEWERアンブレラソフトボックスを詳しく見てみる

付属品

付属品はこんな感じでした。

NEEWERアンブレラソフトボックス の付属品

・本体
・フロントカバー
・キャリングバッグ

本体

まずは本体を見てみます。

たたんでも小さくはならないので携帯性はそこまでよくないかもしれません。

ただ、細くなるので三脚と抱き合わせて持ち歩けばそこまで煩わしくはないかもしれませんね!

開くと内側は銀幕になっていました。

前面のディフューザーをつけなければ銀傘としても使えるのはありがたいです。

サイドにはNEEWERのロゴが入っています。

前面部分にはマジックテープがついていてここにディフューザーを取り付けるということですね。

下部にはファスナーがついています。ライトスタンドに取り付けたときにここを通してストロボを中に入れてしまうような形になります。

ディフューザー

ディフューザーもナイロン生地でした。

汚れてしまってもサッと拭き取れるのはありがたいですね。

こちらにもマジックテープがついています。

折り目が結構気になりますねうつりには問題ないでしょうが。

キャリングケース

持ち運び用のケースも付属していました。

アンブレラタイプなので開いてしまわないのは安心です。

こちらもNEEWERのロゴ入り。

このソフトボックスを使うにはストロボ、ストロボスタンド、アンブレラホール付きのライトブラケットフラッシュトリガーが別途必要です。

対応しているライトスタンドとライトブラケットは別記事で詳しくレビューしていますのでそちらも併せてごらんください。

NEEWERの格安ライトスタンドは初めてのストロボライティングに最適だった!「NEEWER プロ ライトスタンド&フラッシュブラケットの紹介」 パパ せっかくカメラを買ったんだから、家でもフォトスタジオで撮ったようなきれいな写真をとりたい! そう思うことってありませ...

NEEWERアンブレラソフトボックスをセッティングしてみる。

実際にライトスタンドとライトブラケットを使ってセッティングしてみました。

なんかこういう機材があるとプロっぽくなった気分で、なかなか優越感。

こういう機材が格安で手に入る良い時代になりました。

物撮りメインで使う場合にはこの80cmタイプでいいと思います。

ポートレートなどの比較的広い範囲に光を当てる必要がある場合は120cmタイプを選ぶといいかもしれません。

NEEWERアンブレラソフトボックスで実際に撮影してみる。

実際に撮影して比較してみました。

ストロボ直あてと比較したらかなり光が柔らかくなっているのがわかると思います。

直あての方は影が強く出てしまっています。これでは正直使い物にならないので天井バウンスか壁バウンスに切り替える必要がありますね。

NEEWERアンブレラソフトボックスをしばらく使ってみた感想。

写真の表現が増えた!

やはりソフトボックスや銀傘があると色々なバリエーションの写真が撮りやすいなと感じました。

子どもの写真を撮るにも昼間は仕事があって撮れない!っていう場合にも重宝しています。

セッティングが早い

使いたいなと思ったときに傘を開いてホルダーに刺すだけなので結構楽です。

しまう場合も細長くなってくれるので小さくはなりませんがダンボールに立てておけば場所もとらないGOODですね。

光量変更がめんどくさい!

手元で光量を変更できるコマンダーを使っている場合にはいいのでしょうが、そんなものをもっていない私にとってはいちいちマジックテープをベリベリやって光量調整してまた撮ってというのがすごくめんどくさい

あまり下を向かない。

ライトスタンドを内部に通す構造上真下を向けるのは不可能です。

上方向には問題なく向いてくれるのですが、下方向はあまり行きません

物撮りよりは真横から光を当てるようなポートレートのほうが向いていそうです。

まとめ

今日はストロボ光を柔らかくして写真をワンランクアップできるアンブレラソフトボックスを紹介しました。

使い勝手で少々不便を感じる部分はありましたが価格も安く、全体的に作りもいいと思いましたのでソフトボックス入門にはもってこいの商品じゃないでしょうか。

気になった方はぜひチェックしてみてください!

NEEWERは本当に安くて物もなかなか良いという優良メーカーなので初心者さんにはオススメですよ!

ストロボとライトスタンドとブラケットとソフトボックス全部買っても1万円ちょいですからね・・。おそろしい時代です。

ストロボは3000円前後で買えるアマゾンベストセラーのTT560が超絶お勧めです↓↓

今日は以上です!bye!

この記事で使っている写真は以下の機材で撮影しました↓↓↓

【レビュー】CANONのフルサイズミラーレス一眼「EOSR」開封ファーストインプレッション!

CANONのフルサイズミラーレス一眼「EOSR」開封ファーストインプレッション! CANONが満を持して2018年10月25日に発売した初めてのフルサイズミラーレス一眼「EOSR」 ともきちは2019年11月に...

【レビュー】EOSRの標準ズームレンズ!最初の一本はこれ!CANON RF24-105mm F4L IS USMの開封・外観レビュー!

【CANON RF24-105mm F4L IS USMの開封・外観レビュー】最初の一本に最適この記事では、EOSRマウントの標準ズームレンズRF24-105mm F4L IS USMを紹介しています。開封の様子や外観を作例もまじえて詳しくレビューしています。...
ABOUT ME
ともきち
北海道在住 30代普通のサラリーマン 妻と子の3人暮らし 過ぎ去ってしまう普通の毎日を忘れないように書き留めておこうと思いブログをはじめました! 大好きなカメラやガジェット、旅先でのよかったことなどいろいろな情報を発信しています。 どこかのだれかに少しでも役に立てたらいいなあ・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。