CAMERA & GADGET

アルカスイス互換のL字プレートがかなり便利だったので詳しく紹介!

すごくコンパクトで持ち運びがしやすいソニーのミラーレス一眼 a6000。

アルカスイスの三脚を使う際の利便性を向上させるためL字ブラケットを買ってみました。

三脚使用での利便性が向上したのはもちろんのこと、ほかにもL字ブラケットを使ってみてこれはいいな~と思ったところがたくさんあったのでご紹介したいと思います。

形状のあまり変わらないa6400やa6500でも同様の製品が発売されているのでa6000ユーザーの方も是非参考にしてみてください。

L字プレートを使うメリット!

三脚の縦横構図変更がスムーズ!

前項でも説明した通りこのL字ブラケットを取り付けするとアルカスイス三脚使用時の利便性が大幅に向上します。

通常の三脚ブラケットを使用していると下の写真のように光軸がずれて取り付けるしかないです。

そのため、横構図で撮影して縦構図に変えたいな~と思えば、三脚の位置調整から再度見直してから構図を再構築する必要がありました。

L字ブラケットに変えてからは横縦構図の光軸がずれず、横構図で撮っていたイメージ通りに縦構図に変えることができ、非常にスムーズになりました。

小型カメラのグリップ感が向上!

コンパクトで持ち運びに優れているa6000ですが、男性がもつとボディが小さすぎて小指あまりがあり、グリップ力に不安がありました。

L字ブラケットにしてサイズがすこーしだけ伸びた分小指余りがなくなりしっかりとカメラを握って構えることができるようになりました。

手振れ防止にも役に立ちますね。

カメラボディの保護、傷防止

カメラを握っている面の反対面がアルミのプレートで保護されるので、どこかにぶつけたりしてもボディを気づつけることがないです。

これは実際に使ってみて気づいたのですが安心感がちがいますよ!

アスファルトなどの地面に直接おいても傷を心配しなくていいですから、いろいろな面白い構図にチャレンジしようという気にさせてくれます!

L字プレートを使うデメリットは?

重量が少し増える。

パーツ全体がアルミ削り出しの金属なので重量は少しだけですが重くなります。

といっても、気になるほどか?と言われるとそうじゃありません。

むしろグリップがよくなった分持った時の安心感は増しているように思います。

物によっては三脚穴がつぶれる

これはどのL字ブラケットを使うかによるのですが、取り付けの際に三脚穴を使用します。

追加でなにかパーツをつけたいとなった場合に三脚穴がL字ブラケット側にも開いているもののほうが汎用性が高いと思います。

ちなみにこのMENGS社製のL字ブラケットにはプレート自体にも三脚穴があいています。

ともきちはここにピークデザインのプレートを付けてキャプチャなどに取り付けて使っています。

ピークデザインのキャプチャーV3は子育てパパにオススメなアクセサリ! 子供とお出かけは楽しい。元気よく走り回ったり抱っこされて寝ちゃったり。 楽しく遊んでたと思えば突然「パパだっこ~」とぐずりだすな...

まとめ

今回はL字ブラケットについて紹介してみました。

値段はメーカーによってピンキリで、ともきちが買ったのはMENGSという中国製メーカーのものだったのですが、質感も問題なく価格も安かったので非常に満足です。

ぜひソニーのミラーレス一眼カメラを使っていらっしゃる方はL字プレートチェックしてみてくださいね!

ではまた!bye!

ABOUT ME
ともきち
北海道在住 30代普通のサラリーマン 妻と子の3人暮らし 過ぎ去ってしまう普通の毎日を忘れないように書き留めておこうと思いブログをはじめました! 大好きなカメラやガジェット、旅先でのよかったことなどいろいろな情報を発信しています。 どこかのだれかに少しでも役に立てたらいいなあ・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。