CAMERA & GADGET

EOS Kiss Mのレンズはレンタルがおすすめ!カメラレンタルサービス3種を比較してみた!

レンズ交換式カメラの楽しみと言えば、やっぱりレンズ交換。

同じカメラを使っていてもレンズを変えるだけで全く違った写真が撮れるようになるため、楽しみがどんどん広がります。

ともきち

でもレンズは高くて何本も買えないよ・・・

そこで活躍するのがレンタルサービスです。

EOS Kiss M / M2のレンズはレンタル料金が比較的安価で、気軽に試す事が出来ますよ!

今回はカメラ用品レンタルサービスを3種類比較して検討してみたのでシェアしたいと思います。

色々調べてみるとカメラレンタルサービスはカメラ初心者さんにこそオススメしたい素晴らしいサービスでしたよ!

もし試してみたいレンズがある方は参考にしてください!

今回紹介するサービスはコチラ
  • CAMERA RENT(カメラレント)
  • GooPass(グーパス)
  • rentio(レンティオ)

カメラ機材レンタルのメリットとデメリット

まずは、レンズなどのカメラ機材を購入ではなくレンタルすることでどのようなメリット、デメリットがあるのかを見ていきます。

レンタルサービスは良い面も悪い面ももちろんありますが、カメラを始めたばかりの初心者さんにとってはメリットのほうが大きいですので是非活用してみて下さい。

メリット

カメラ機材レンタルを利用するメリットは以下の通りです。

カメラ機材レンタルのメリット
  • レンズ1本買うのと同じ値段で約10本のレンズを試せる
  • プロがしっかりとメンテナンスした機材を使える
  • 購入前のお試しに使える

ひとつひとつ詳しく解説していきます。

レンズ1本買うのと同じ値段で約10本のレンズを試せる

一眼カメラを使っていると、いろいろなレンズを試してみたくなりますよね?

EF-Mレンズは比較的安価なラインナップが多いですが、それでも新品を購入すれば3万円~4万円かかります。

ともきち

正直、気軽に何本も購入できる金額ではありません・・・。

レンタルサービスであれば、同じ価格で約10本のレンズを1ヵ月ずつ試すことが可能です!

カメラを始めたての頃はどんな画角が自分にあっていてよく使うのかがわかりずらいと思います。

レンズ1本の値段で様々な画角、明るさのレンズを試して自分にピッタリのレンズを探せるのはカメラ機材レンタルサービスの大きなメリットと言えます。

ともきち

本当にお気に入りのレンズ1本は購入しておいて、その他の表現がしたくなったらレンタルするという使い方もいいよね!

プロがしっかりとメンテナンスした機材を使える。

カメラ機材のメンテナンスは初心者にとっては結構大変・・。

高いお金をだして購入したレンズがカビてしまって使えなくなった・・なんてことはよくあります。

それを防ぐためにメンテナンス用品をたくさん揃えたり、ドライボックスを買ったりなどしていると結構高額な出費になります。

ともきち

これからカメラを初めてみたい方にとって初期投資が高額になってしまうのはかなりデメリットですよね。

レンタルサービスで借りるレンズやカメラは全てプロの方がメンテナンス・保管をしてくれています。

自分でメンテナンス用品をそろえたりドライボックスを購入したりする必要がないうえ、慣れないメンテナンス中に傷をつけてしまうリスク思わぬ故障の心配もありません。

機材メンテナンスなどはカメラに慣れてきてから覚えても遅くはありませんので最初はレンタルで思う存分写真だけを楽しむほうがおすすめですよ!

ともきち

一生に1度しかない子供の入学式や卒業式をレンズがカビてて撮り逃したなんてことになったら悔やんでも悔やみきれませんからね・・・。

購入前のお試しに使える

カメラレンタルサービスはレンズ購入前のお試しにも使えます。

レンズは高額になればなるほど、うまく扱えるか?思った通りの画角かな?など購入前は不安なことが多いですよね。

販売店にカメラを持って行けば、取り付けて試し撮りする事が出来ます。ですが、店外に持ち出しての撮影はできませんから、本当に自分が求めているレンズなのかを判断するのは非常に難しいです。

ともきち

購入したはいいけどあまり使わず、防湿庫に眠っている・・・

なんてのはレンズ購入あるあるです。

レンタルであれば、「家に持って帰って子供を撮ってみる」「旅行に持って行って家族写真を撮る」といったような具合で実際の被写体、背景、自分の生活環境の中で撮影して試す事が出来ます

デメリット

利用期間によっては購入よりも高額になる

レンタルサービスのデメリットをあげるとすれば、価格の部分。

借りたレンズが気に入って長期間レンタルしてしまうと、「購入したほうが安かった・・。」なんてことにもなりかねません。

購入金額とレンタル金額を天秤にかけ、あらかじめレンタル上限期間を自分の中で決めてから借りたほうがよさそうですね。

返却や解約の手間がかかる

当然ですが、レンタル期間終了後は返却のための梱包や発送をする必要があります。

カメラ機材は精密機器ですから、輸送中に故障しない様に配慮して丁寧に梱包する必要があります。

レンタルサービス会社によっては簡単に梱包できる専用の返却箱が用意されていたり、コンビニで簡単に返却処理が出来たりなど、工夫がこらされたサービス会社もあります。

少しでも返却の手間を減らすためカメラレンタルサービスは慎重に選びましょうね。

CAMERA RENT(カメラレント)基本情報

利用料金月額 3850円(税込み)~
※ブロンズランクの価格
最低利用期間なし
送料無料
補償の有無月額 385円(税込み)
免責なし
利用可能エリア一部離島、海外を除く
支払方法クレジットカードのみ

  • 月額3850円(税込み)から利用できる月額サブスクリプションサービス
  • 1ヵ月ごとに機材交換が可能
  • 最低利用期間などの縛り無し!
  • 取扱メーカーは業界最大級の27社

GooPass(グーパス)

※画像はGooPass公式ホームページより引用

利用料金月額 6,380円(税込み)~
※Rank1の価格
最低利用期間なし
送料無料
補償の有無あり(料金込み)
利用可能エリア全国(離島を含む)
支払方法クレジットカードのみ
  • いつでもレンタル品を交換し放題!
  • レンタルできる機材の種類は1000種類以上!
  • カメラ本体とレンズのセットレンタルなども充実!

rentio(レンティオ)

  • 2500種類以上の家電、カメラ、レンズがレンタル可能!
  • 3泊4日からの超短期間レンタルが可能
  • 機材が気に入ったらそのまま購入もOK!
  • SDカードや予備バッテリーを合わせてレンタルできる!

利用料金を比較

レンズバリエーションと価格

ここでは上記で紹介した3社で貸し出ししているEF-Mマウントレンズのバリエーションを比較していきます。

レンティオカメラレントGooPass
【標準ズーム】
EF-M15-45mm
F3.5-6.3
¥2,980-(税込み)
3泊4日
単品レンタル
設定なし
単品レンタル
設定なし
【望遠ズーム】
EF-M55-200mm
F4.5-6.3
¥2,980-(税込み)
3泊4日
単品レンタル
設定なし
Rank1
\6,380-(税込み)
/1ヵ月
【標準単焦点】
EF-M22mm
F2
¥2,980-(税込み)
3泊4日
ブロンズプラン
\3850-(税込み)
/1ヵ月
Rank1
\6,380-(税込み)
/1ヵ月
【広角ズーム】
EF-M11-22mm
F4-5.6
¥3,980-(税込み)
3泊4日
ブロンズプラン
\3850-(税込み)
/1ヵ月
Rank1
\6,380-(税込み)
/1ヵ月
【高倍率ズーム】
EF-M18-150mm
F3.5-6.3
¥6,980-(税込み)
3泊4日
ブロンズプラン
\3850-(税込み)
/1ヵ月
Rank1
\6,380-(税込み)
/1ヵ月
【標準マクロ】
EF-M28mm
F3.5
¥3,980-(税込み)
3泊4日
ブロンズプラン
\3850-(税込み)
/1ヵ月
Rank1
\6,380-(税込み)
/1ヵ月
【標準単焦点】
EF-M32mm
F1.4
¥5,980-(税込み)
3泊4日
設定なしRank1
\6,380-(税込み)
/1ヵ月
【マウントアダプター】
EF-EOSM
¥1,980-(税込み)
3泊4日
設定なし設定なし
【SIGMA】
16mm F1.4
設定なしブロンズプラン
\3850-(税込み)
/1ヵ月
Rank1
\6,380-(税込み)
/1ヵ月
【SIGMA】
30mm F1.4
設定なしブロンズプラン
\3850-(税込み)
/1ヵ月
Rank1
\6,380-(税込み)
/1ヵ月
【SIGMA】
56mm F1.4
設定なしブロンズプラン
\3850-(税込み)
/1ヵ月
Rank1
\6,380-(税込み)
/1ヵ月
【SAMYANG】
12mm F2.8
¥5,980-(税込み)
3泊4日
設定なし設定なし
【SAMYANG】
MF14mm F2.8
設定なし設定なしRank1
\6,380-(税込み)
/1ヵ月
【LAOWA】
9mm F2.8
設定なしRank2
\9,800-(税込み)
/1ヵ月

料金だけで見ると、GooPassが一番高額に見えますが月内に機材を入れ替え放題と言う事を考えれば短期間で複数本のレンズを試したい方にはむしろお得になる料金設定のようです。

価格設定もちょうどよく、レンズバリエーションんお豊富なカメラレントは魅力的に見えますね!

レンズバリエーションにおいてはレンティオが少ないようですが、すでにEFレンズを所有しており、レンズマウントアダプターも一緒にレンタルしたい方もいらっしゃると思いますが、貸出しているのはレンティオのみですのでおのずとレンティオを選ぶことになります。

故障時の補償を比較

カメラやレンズは高額な商品が多いですから、万が一壊してしまった場合の補償についても重要視する必要があります。

この保証の部分はレンタルサービスによって違いが大きく出る部分です。

  • 万が一機材を故障させてしまった場合の補償はあるのか?
  • 補償料は料金込みか?別途かかるのか?
  • 故障時の免責や自己負担額は?

しっかりと確認しておきましょう!

レンティオ・GooPassなら不注意の破損でも負担上限2000円!

レンティオとGooPassはレンタル料金の中に補償料金もコミコミになっています。

追加料金なしで安心してレンタル品を使えるのは大きなメリットですね!

しかも万が一不注意で機材を故障させてしまったとしても自己負担の上限が設定されており、修理不能なほどの故障がなければ自己負担上限の2000円を支払えばOK!

※商品グレードによって上限額は変わります。

補償内容は2021年3月時点のものです。
変更になっている場合がありますから、公式ホームページで確認をお願いいたします。

【参考】Rentio(レンティオ)の補償内容を詳しく見る

CAMERA LENTは¥385で補償加入できる

カメラレントは追加料金で月額¥385(税込)を支払えば補償に加入することができます。

通常使用による傷、汚れは加入しなくても料金が発生しませんが、この補償に加入することで修理が必要になる故障が発生しても、修理代などを請求されることはありません。

上記2社と違い、追加料金となりますが万が一故障させてしまっても免責や自己負担が発生しないのは大きな違いです。

補償に加入するかしないかをユーザー側が選択できるというのもメリットですね。

赤ちゃんの撮影が主な用途ですと、あまり外に持ち出さないため故障のリスクはグッと減ります。

そのような場合には補償に加入しないという選択肢もありですね。

補償内容は2021年3月時点のものです。
変更になっている場合がありますから、公式ホームページで確認をお願いいたします。

【参考】カメラ・レンズの月額制サブスクサービス【CAMERA RENT】

どのレンタルサービスがおすすめ?

カメラを始めたばかりの方には、どんなことに気を付けてレンタルサービスを選べばいいのかわからないですよね?

ここではカメラやレンズをレンタルする際に注意するポイントや各社レンタルサービスでどんなことを重視して選ぶ必要があるのかを紹介します。

用途に合わせてサービスを選びましょう!

レンタルをする際に一番不安になるであろうレンタル日数。

何日借りるべきかはその人の生活サイクルや用途によって変わります。

レンタル期間には運送業者さんが運んでいる期間や業者さんの検品作業も含まれている場合がほとんどです。

実際に使える期間が思ったよりも短くてあまり試せなかった・・なんてことにならない様余裕をもって期間を決めましょう。

学生さんなら超短期レンタルでOK

比較的時間を自由につかえる休み期間の学生さんなどであれば、3~4日間の超短期レンタルを選ぶのがオススメです。

長期間レンタルになると「ついつい返却の日を忘れていた」なんてこともありますが、超短期ならそんな心配も無用。

天気の良さそうな今週末だけレンタルしよう!などお手軽に試す事が出来ます。

3泊4日などの超短期レンタルならRentio(レンティオ)がオススメです。

レンティオの場合レンタル期間に配送中の日にちは含みません

レンタル開始当日の朝に届き、返却日の24:00までに発送手続きを済ませればOK!!

返却も24時間営業のコンビニレジに持って行くだけなのでほぼ丸々4日間レンタル品を使い倒す事が可能です。

月額制のサービスと違い、自分の必要な期間分の料金を払えばいいですから解約や休止の手続きが不要なのもGOOD!

気軽にはじめることができますよね。


超短期レンタルならRentio(レンティオ)↓

  • 2500種類以上の家電、カメラ、レンズがレンタル可能!
  • 3泊4日からの超短期間レンタルが可能
  • 機材が気に入ったらそのまま購入もOK!
  • SDカードや予備バッテリーを合わせてレンタルできる!

カメラの知識がある程度あるなら交換し放題のGooPassがオススメ

カメラの知識があってどのレンズがどんな画角で撮れるのか大体把握しているという方には1ヵ月間の間で何回でもレンタル品を交換できるサービスがオススメです。

「今週末は桜を撮りたいから寄れる単焦点マクロを借りよう」

「翌週は入学式があるから明るくて手振れ補正の強力な望遠レンズを借りよう」

といったように撮影のシチュエーションに合わせて毎週末レンズを変える事が可能です。

期間中交換し放題サービスならGooPass(グーパス)がおすすめ!

カメラの知識がない初心者さんには1ヵ月1本レンタルがオススメ

カメラを始めたばかりで、どんなレンズなのか想像もつかない!という方には1ヵ月間の間1本レンタルが出来るサービスがオススメです。

上記の交換し放題サービスに比べて価格が安く、1本のレンズとじっくり向き合うことが可能です。

カメラの知識がないうちは、撮影してみて家に帰って写真を検証。

インターネットなどで作例を見てまた再チャレンジ!といった使い方が多くなります。

交換し放題サービスを選んでいたのに結局1本しか使わなかったなんてこともありえますから、価格の安い1ヵ月1本レンタルのサービスを選びましょうね。


1ヵ月1本レンタルサービスならCAMERA RENT(カメラレント)↓

  • 月額3850円(税込み)から利用できる月額サブスクリプションサービス
  • 1ヵ月ごとに機材交換が可能
  • 最低利用期間などの縛り無し!
  • 取扱メーカーは業界最大級の27社

まとめ

今日はカメラ初心者さんにおススメのカメラ機材レンタルサービス3社を比較してみました。

それぞれの会社で特色があり、自分にピッタリのサービスを選べばかなりお得なカメラライフを送る事が出来るのではないでしょうか!!

カメラレンタルを利用してみたいけどなかなか踏み出せなかったのですが、詳しく調べてみるとそこまで難しいことはなく、むしろ気軽に使えるサービスだなーと感じました!

是非参考にしてみて下さい!

ABOUT ME
ともきち
北海道在住 30代普通のサラリーマン 妻と子の3人暮らし 過ぎ去ってしまう普通の毎日を忘れないように書き留めておこうと思いブログをはじめました! 大好きなカメラやガジェット、旅先でのよかったことなどいろいろな情報を発信しています。 どこかのだれかに少しでも役に立てたらいいなあ・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。