EOSR

【CANON EF50mm F1.8 STM開封レビュー】明るい!安い!コンパクト!初めての単焦点、買うならこのレンズがおすすめ!

この記事のまとめ

この記事ではキャノンの交換レンズEF 50mm F1.8 STMを紹介しています。25年ぶりにリニューアルされたこのレンズは価格が安く、写りもいい!と評判なのでキャノンの撒き餌レンズと呼ばれています。

実際に使ってみた結果、このレンズは1.5万円程度の低価格にもかかわらずF1.8の明るさで、大きなボケも楽しめる、キャノンユーザーであれば「とりあえず最初に買っておけ!」と言える素晴らしいレンズでした。以下では開封から装着までを詳しくレビューしていこうと思います。

こんにちは!ともきちです。

ともきち

一眼カメラとレンズキットを購入したけどなかなか思ったような写真が取れない・・。

なんてことありますよね?

初めて一眼カメラを購入する際にダブルズームキットなどと合わせて購入する方も多いのではないでしょうか。

このようなキットレンズは比較的性能が低く、コスパを優先したレンズが多いです。

せっかく一眼カメラを購入しても思い描いたような良い写真が撮れない!ということになってしまいがちです。

今回紹介するレンズは「EF50mm F1.8 STM」という大きく背景をぼかした写真を撮るのが得意なレンズです!

[template id="2372"]

「EF50mm F1.8 STM」を開封!

早速開封していきましょう!

外箱はこんな感じ。

ともきち

箱を開ける瞬間が一番ワクワクするよね~!!

開けてみるとこんな感じでした。

説明書、保証書が見えます。

蓋をあけると袋に包まれたレンズがお出まし!

箱から全部出すとこんな感じでした。

EF50mm F1.8 STMの付属品

・レンズ本体
・取扱説明書
・保証書

「EF50mm F1.8 STM」の本体

レンズ正面はcanonと50mmの刻印があります。

単焦点レンズなので当然ですが、ズームリングはなく、レンズ先端にピントリングがついています。

単焦点レンズとは?

一般的なズームのできるレンズとは違い、単焦点レンズは画角が変えられません。

よりたい時は、自分で近づく。広く撮りたい時は、被写体から離れる。

ズームレンズよりも不便です。

その分構造が単純で、安価で描写性能の高いレンズがそろっています。

正面の刻印横にはAFとMFを切り替えるスイッチがついています。

ともきち

結構硬くて、勝手に動いてしまったりなどはなさそうだよ!

鏡筒はほぼプラスチックです。表面はツヤ消し塗装がしてあってそこそこ高級感があります。

上部はこんな感じ。

「CANON EF 50mm 1:1.8 STM」の刻印があります。

フィルター径はφ49mmです。

保護フィルタをつけるなら以下のものがお勧めです。

レンズ面はこんな感じ。

マウント側はこんな感じです。

金属マウントになっています。

旧モデルの「EF50mm F1.8 Ⅱ」ではプラスチックマウントでした。

ともきち

旧モデルにくらべて高級感が増しているね!

重量は179.5gでした。

この軽さは、そんな撮影でも「とりあえずカバンに入れとくかー」って気にさせてくれます。

ともきち

むちゃくちゃ軽いよ!持ってみるとビックリするくらい軽い。

EOS-Rに装着してみる!

今回は、私の愛用している「EOS-R」に装着してみようと思います。

【レビュー記事はコチラ!】CANONのフルサイズミラーレス一眼「EOSR」開封ファーストインプレッション!

EOS-Rに装着するには

EOS-Rに装着するためには、マウントアダプターが必要です。

【レビュー記事はコチラ!】 コントロールリングマウントアダプター(CR-EF-EOSR)を購入したので開封レビュー!

[EOS R]と[EOS RP]などのRFマウントではないキャノンカメラであれば、マウントアダプターなしで装着する事が出来ますよ!

実際に装着してみる

装着してみた様子がこちら

ともきち

見た目は「THEカメラ!」って感じでカッコイイ!かなり好み!

ちなみに一緒に購入した他社製の花形フードをつけてみるとさらにイケメンに!

「EF50mm F1.8 STM」の魅力を紹介!

大きな背景ボケ!

キットレンズでは表現できないのがこの背景ボケ!

背景を大きくぼかすことによって人物を強調することができますよ!

背景がゴチャゴチャした場所であってもボカしてしまえばある程度カバーできます。

ともきち

背景がボケるだけで、写真が上達したような気になっちゃうよ!

道端に生えていたコケを撮った一枚です。

ピントが合った面以外はきれいにぼけています。

この薄いピント面もF1.8だからこその表現です。

ともきち

普段の何気ない場所でも作品のような写真が撮れるから散歩が楽しくなるよ!

明るいレンズ!室内の撮影でも子供がかわいく撮れる!

室内って、明るいように見えて実はすごく暗いんです。

キットレンズなどの暗いレンズだと、ISO感度が上がってしまってノイズたっぷりの残念写真になってしまいがちです。

このF1.8の明るいレンズであれば、夜の室内であってもそこまでノイズが出ることなくきれいに撮影する事が出来ます

ともきち

日中家にいないサラリーマンにはここが一番うれしいポイント!平日も子どもの成長は撮影したいよね~。

人の視界に近い画角がGOOD!

50mmの画角は人が見ている視界と近いと言われています。

単焦点はズーム機能がないため、自分の見ている景色と写真に写る景色が近いほうが最初は使いやすいんですよね。

とてもスナップ向きのレンズと言えます。

ここからもっと広く写したいとなれば広角レンズ、もっと被写体によって取りたいとなれば望遠レンズ

といったように自分の中での基準を決める意味でもこの50mm単焦点は持っておくべきだと思います。

ただ漠然と写真を撮っているよりも写真の上達が早くなりますよ!

この50mmというのはフルサイズセンサーのカメラに装着した場合の画角です。

EOS kissシリーズなどのAPS-Cサイズセンサーのカメラに装着した場合、画角は1.6倍の80mm相当になります。

標準画角ではなく中望遠寄りの画角になるので注意が必要です。

小型・軽量!どこにでも持って行きたくなる!

ここも重要なポイント!

サイズも手のひらに収まるほどコンパクトで、重量も軽いので気軽なスナップから本格的な撮影まで、どこにでも持って行きたくなります

今使っているカメラバッグ「Endurance Ext」に収納してみるとこんな感じ。

スペースをあまりとらないので、保管の時以外はほぼ持ち歩いています。

お小遣いで買える!手頃な価格

このレンズがたくさんの人から支持されている理由の一番が価格設定です。

こんなにも性能がよくて楽しめるレンズが、新品でも1万5千円ほどで買えるってかなり驚きです。

キャノンのカメラを使ってもらうために作られた「撒き餌レンズ」と呼ばれるのもうなずけます。

作例記事を見てみる

[template id="2372"]

まとめ

今回はCANONの神レンズ「EF50mm F1.8 STM」をレビューしてみました。

実際にいろいろ持ち歩いて撮影していますが「やっぱりカメラって楽しいな」って思わせてくれるレンズです。

比較的簡単に手が届く価格設定なので、キャノンユーザーの方は間違いなく買って損はないレンズです!

[template id="2029"]

この記事で登場した機材もレビューしています

・【関連記事】CANONのフルサイズミラーレス一眼「EOSR」開封ファーストインプレッション!

・【関連記事】コントロールリングマウントアダプター(CR-EF-EOSR)を購入したので開封レビュー!

ABOUT ME
ともきち
北海道在住 30代普通のサラリーマン 妻と子の3人暮らし 過ぎ去ってしまう普通の毎日を忘れないように書き留めておこうと思いブログをはじめました! 大好きなカメラやガジェット、旅先でのよかったことなどいろいろな情報を発信しています。 どこかのだれかに少しでも役に立てたらいいなあ・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。