CAMERA & GADGET

エネループの充電器は「BQ-CC63」がオススメ!開封レビュー!

panasonicbqcc63
ともきち

カメラのストロボで充電池をたくさん使うから使いやすくて見た目もスッキリな充電器がほしいな・・・。

今まで使っていた4本充電タイプの充電器はコンセントを占領してしまうし、デスクの上に置くとコンセントタップが邪魔くさくてとても不満でした。

そこで色々探してみた結果、8本までの乾電池を充電できる据え置きタイプの「Panasonic BQ-CC63」という商品を見つけたので紹介します。

結論:充電器を持ち運びたい人以外にはベストチョイス

この「Panasonic BQ-CC63」は、コンセント端子がメガネケーブルになっています。

折りたたみプラグタイプとは違い、コンセントとはなれた場所に設置する事が出来るため、デスク上をスッキリさせる事が出来ました。

充電器は旅行先などに持ち歩かず、家で使う事が多いという方にはとてもオススメできる商品でした!

「Panasonic BQ-CC63」を開封

早速開封してみます。

透明のプラスチック容器に入っていました。

すべて取り出してみるとこんな感じ。

「Panasonic BQ-CC63」の付属品
  • 本体
  • メガネケーブル
  • 取扱説明書

本体はつや消しの白でどんなお家にも合いそうなデザインですね。

裏側にはゴム足がついていて、デスクに置いたときに位置がずれないように工夫されています。

この充電器は単3電池だけでなく、単4電池にも対応しているので、マイナス端子側が2種類ついています。

ケーブルはこの通りつや消しの白いメガネケーブルです。

ケーブルを本体に刺してみるとこんな感じ。

アマゾンベーシックの充電池を充電してみる

今回はエネループではなく、いつも愛用しているAmazon Basicの充電池を追加で買ったのでこれを使います。

今回買ったのは大容量タイプの充電池です。

大容量ではない電池と比べるとこんな感じです。

大容量の電池は2400mAhなのに対し、通常容量タイプは1900mAhです。

カメラのストロボなどに使う場合には大容量のほうが長く撮影できるので助かります。

ゲームのコントローラーなどで使うのであれば、通常容量タイプでも全く問題ないと思います。

通常容量タイプは日本製だったのですが、大容量タイプは中国製でした。

最近の中国製はとても質が高いので大丈夫だと思いますが、日本製に越したことはないですね。

充電器に刺すと、緑色のインジケータが点灯して、充電している事が確認できました。

「Panasonic BQ-CC63」のいいところ

色で充電完了が一目瞭然

充電中はLEDが緑色に点灯し、充電が完了すると消灯します。

このLED表示がとても便利!

通常の充電器であれば、4本タイプであっても4本すべて充電が終わるまでインジケータが変わらないタイプのものが多いです。

この充電器は、1本ごとに充電インジケータがついており、終わったものから順番に使用していくことが可能です。

充電に対応していない電池は自動検出してくれて赤色に点灯してくれるのも、安全でGOODなポイントですね!

コンセントを節約できる

いままでは4本充電器を2台使っていました。

ただ、これだと大きめのコンセントタップをほぼ丸々1個占領してしまうため、スマートではありませんでした。

Panasonic BQ-CC63」は、本体が大きめですがコンセントがメガネケーブル式になっているため、コンセント1つ分のスペースがあれば使用できます。

この違いは結構大きい!

デスクの上がスッキリ

本体とコンセントがくっついているタイプの充電器はデスク上で充電するには、コンセントタップを置くしかありませんでした。

このタイプはお世辞にもスマートとは言えず、しょうがなく見えないところに隠すようにして充電器を使っていました。

しかし、隠してしまうと充電池を挿すのが億劫になってしまって「いざ使いたい時に充電切れ・・」ということが多々ありました。

今回購入した「Panasonic BQ-CC63」はメガネケーブルでデスク上まで充電器を引っ張ってくる事が出来ます。

結果、電池がなくなったらサッと差し替えるだけになり、かなり楽になりました!

「Panasonic BQ-CC63」のイマイチなところ

持ち運びは絶望的

やはり、一番のデメリットは大きさ。

持ち運び用ではないので当たり前ですが、カバンに入れて持ち歩こうとは思えないサイズです。

充電池を持ち歩きたいという方はコンパクトな急速充電器「BQ-CC85」がおススメです。

最初はケーブルがちょっと固い

8本充電タイプなので付属のケーブルはちょっと太めです。

使ってくるうちに柔らかくなってくるとは思いますが、最初は結構固いですね。

持ち歩いて使うものではないので問題はあまりないですが、ケーブルをキレイにまとめて使いたい方はちょっとストレスを感じるかもしれません。

入手性の良いメガネケーブルなので、柔らかめで自分の用途に合った長さのものを購入するのもいいかもしれません。

リフレッシュ機能やセンシング機能は無し

最新型の「BQ-CC85」についている、過放電感知や電池寿命のお知らせ機能はこの「Panasonic BQ-CC63」にはついていません。

最新のフル機能を求める方は4本充電の「BQ-CC85」を購入しましょう!

まとめ:家で使うなら間違いなくベストチョイス!

評価 :4/5。
  • 充電完了が一目でわかるインジケータランプ
  • 1台で8本同時充電が可能!
  • コンセントを占領しない
  • デスクの上に置いて使うのならベストな選択!
  • サイズが大きいので持ち運びは不便
  • ケーブルは硬い
  • リフレッシュ機能やセンシング機能は無し

今日はパナソニックの8本の充電池を同時に充電できる「Panasonic BQ-CC63」を紹介しました。

たくさん充電できるスマートな充電器が欲しいと思っている方には間違いなく買って損はない商品だと思います!

ともきち

安心のパナソニック製なのもGOODなポイントだよね。

参考になれば幸いです。

ABOUT ME
ともきち
北海道在住 30代普通のサラリーマン 妻と子の3人暮らし 過ぎ去ってしまう普通の毎日を忘れないように書き留めておこうと思いブログをはじめました! 大好きなカメラやガジェット、旅先でのよかったことなどいろいろな情報を発信しています。 どこかのだれかに少しでも役に立てたらいいなあ・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。