CAMERA & GADGET

自宅で写真を楽しもう!エフェクトフォトペーパー(EPP)で一味違った写真に仕上げる!

ともきち

写真を撮りに行きたいけど自粛期間中だし、外出は控えなきゃね・・・。

さやぴよ

過去に撮影した写真の整理したり、印刷したりして楽しもうよ!

コロナウィルスの影響でなかなか外出できず、暇を持て余している方も多いですよね。

今日はそんな方にお家で写真を楽しめるアイテムを見つけたので紹介してみようと思います!

それがコチラ!

エレコムから発売されているエフェクトフォトペーパー(EPP)です。

通常の写真用紙の代わりにセットして普通に印刷するだけで様々な効果を楽しめるアイテムですよ!

さやぴよ

スマホで撮った写真にも使えそうだし、楽しめそうだね

ともきち

今回は5種類の効果を試せるアソートパックを買ってみたよ!気に入った効果があったら1種類だけを選んで買うこともできるんだ!

ともきち

次回紹介する予定の写真パネル「shacolla」ともとっても相性の良さそうな商品でした!

エフェクトフォトペーパーの外箱・開封

外箱はこんなかんじです。

今回購入したのは、アソートパックといって5種類の効果を5枚ずつ計25枚が入ったパックです。

それぞれの効果は?

RETORO(レトロ)
暖かな黄色調の紙。セピアカラーが少し加わってレトロな質感に仕上がります。人物にも最適です。

BRILLIANT(ブリリアント)
微光沢の印画紙。発色がよく、黒が美しく再現されるため、風景写真をより印象的に仕上げます。

CANVAS(キャンバス)
キャンバスのような目をもつ用紙。お店に持って行かなきゃ出来なかったキャンバス印刷が自宅で簡単に再現できます。

LOVERY(ラブリー
水彩紙のような質感をもつマット紙。コントラストを強め、カラフルな写真に仕上げます。

COOL(クール)
しっとりとした質感をもつマット紙。色調を抑え、深みを与える。海辺の写真になどが印象的に。

サイズ展開はA4サイズとL判の2種類が販売されています。

今回はL判のものを購入してみました。

裏面はこんな感じ

さやぴよ

パッケージがかわいくてカメラ女子向けに作られた商品みたいね!

裏面に開け口がついていました。

開封してみるとこんな感じ。

1種類ごとに個別包装がされていて、それぞれの効果や印刷時の設定が載っている説明書がはいっていました。

ともきち

印刷設定なんかは結構忘れやすいので個別に書いてくれているのは嬉しいね!

エフェクトフォトペーパーをそれぞれ詳しく見てみよう!

ここからはひとつずつ詳しく見てみようと思います。

過去に撮りためていた写真を実際に写真用紙と同じ設定で印刷して比較してみました。

RETRO(レトロ)

暖かな黄色調の紙。レトロな質感を演出します。人物にも最適で、温かみのあるなめらかな肌印象となります。

左:レトロ 右:写真用紙

写真左がレトロ用紙で印刷したもので、右が普通の写真用紙です。

印刷設定は全く同じです。

シャドウ部分が若干明るく印刷されて、全体的に黄色味がかったカラーに仕上がっています。

空の部分も少しセピア調に出力されますね。

上記のような古めの遊園地なんかの写真がぴったり合うのではないでしょうか。

現像の際に周辺減光をあえて入れてあげるとさらにそれっぽく仕上がるんではないでしょうか。

ともきち

オールドレンズ風写真に仕上げられるね!

COOL(クール)

しっとりとした質感をもつマット紙です。画像の色調を抑え、深みを与えます。市街地や海辺の写真などが印象的に仕上がります。

左:クール 右:写真用紙

写真では違いがわかりにくいですが、写真用紙のほうが光沢用紙。クールのほうがつや消しのマット紙です。

写真が水彩画のような仕上がりになります。

写真をアートな感じに仕上げたい場合にはこの用紙を使うのが良さそうです。

BRILLIANT(ブリリアント)

微光沢の印画紙で発色が素晴らしく、黒も美しく再現します。優雅な自然景観の写真にも効果を発揮します。

左:ブリリアント 右:写真用紙

このブリリアントは比較的写真用紙に近いですね。

ただ、写真用紙のようにテカテカの光沢ではなく微光沢なので高級感が出るように思いました。

この用紙はぜひA4サイズを使った作品作りに使っていきたい用紙ですね。

写真二枚目をみていただければ、光沢の違いが少しわかるのではないでしょうか。

撮影した時のイメージを壊すことなく、光の映り込みも抑えられますので、写真を壁に飾ったり様々な角度から人に見られるような場面にも使えると思います。

ともきち

偶然取れた奇跡の一枚を作品として残せるのがいいね!

LOVELY(ラブリー)

水彩紙のような質感をもつマット紙です。明るい色を白っぽくしながら、コントラストを強めにします。カラフルで明るい画像に適しています。

左:ラブリー 右:写真用紙

この用紙は白が強く出てくれて、全体的にビビットなかんじのカラーに仕上がりますね。花やお菓子、コスメなんかに使えるように思います。

人物なんかはちょっと白く飛びすぎてしまうかもしれません。

とにかくかわいいものをよく撮影する方はこの用紙一択ですね。

さやぴよ

ママはこの用紙が一番好みかな!

CANVAS(キャンバス)

キャンバスのような目をもつユニークな用紙です。写真も高画質で印刷できます。アートのような存在感を与える事が出来ます。

左:キャンバス 右:写真用紙

2枚目の写真を見るとよくわかると思うのですが、この用紙にはキャンバスのような模様が加工されています。

キャンバス印刷はとても最近はやりで、写真屋さんに頼むか、ネットプリントを頼むかの選択肢しかありませんでした。

この用紙なら、このキャンバス風印刷が自宅で楽しめるとあって、とってもお洒落でとってもいい!

まとめ

きょうはエレコム エフェクトフォトペーパーを紹介しました!

いままで撮りためてきた写真。せっかく自粛期間ですし、印刷してアルバムをつくったりすると、あの時こうだったよね~とか思い出がどんどんよみがえってきて楽しかったです。

そんな時に使うとさらに楽しめるアイテムでした!

是非気になった方はチェックしてみてくださいね!

ABOUT ME
ともきち
北海道在住 30代普通のサラリーマン 妻と子の3人暮らし 過ぎ去ってしまう普通の毎日を忘れないように書き留めておこうと思いブログをはじめました! 大好きなカメラやガジェット、旅先でのよかったことなどいろいろな情報を発信しています。 どこかのだれかに少しでも役に立てたらいいなあ・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。