【モレキュルの評判・口コミ】赤ちゃんがいる家庭におすすめな高性能空気清浄機でした!

【PR】この記事は販売店様より製品を提供いただき作成しております。

さやぴよ

子育て世帯のみなさん!お家の空気清浄機選びに迷っていませんか!?

一日の長い時間をお家の中で過ごす赤ちゃんには、出来る限りきれいな空気で過ごしてもらいたい。

今日はそんな方にオススメの空気清浄機モレキュル(Molekule)Air mini+を紹介します!

デザイン性も高く、子育て家庭が使うにはベストマッチな空気清浄機でした。

モレキュル Air mini+の開封の様子や実際に使ってみた感想を詳しく解説していきますね!

参考になれば幸いです。

この記事には一部、参考となる試験データ等を元に個人的な感想・意見を加えた内容を記述しております。正確な情報は記事中記載の引用元・参考元をご参照ください。

目次

モレキュル(Molekule)とは?

Molekule Air mini+は小型軽量でカワイイデザインのため子供部屋にもおすすめ

アレルギーや喘息に苦しむ子供のために開発された空気清浄機

モレキュルは、アレルギーや喘息で苦しんでいる我が子を救うため研究者さんが長年かけて開発したPECOフィルターを搭載している注目の空気清浄機です。

子供を救いたいという思いで作られた空気清浄機ですので、子育て家庭の私たちにとって非常に使いやすく、小さな子供にも配慮されたデザインになっています。

もし小さな子供がいる家庭の方やいま妊娠中のかたで空気清浄機を探しているのならイチオシの製品です。

米国特許技術を搭載したPECOフィルター

一般的なHEPAフィルターよりさらに小さな物質を除去!

一般的な空気清浄機に採用されているHEPAフィルターというフィルターは0.03μmまでの粒子に対して99.97%以上の粒子捕集効率をもっているというのが基準になっています。

μm(マイクロメートル)とは?

マイクロメートル(micrometre, 記号µm)は、国際単位系 (SI) の長さの単位である。 マイクロメートルメートルにSI接頭辞のマイクロをつけたものであり、1 マイクロメートルは10−6 メートル (m) に等しい。 よって、0.001 ミリメートル、1000 ナノメートル とも等しい。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

上記の通り、1μm=0.001ミリメートルですから想像もつかないくらい小さな数値ですよね。空気清浄機のフィルター能力はこの数値が小さければ小さいほど高性能と言う事になります。

サイズの目安

  • 髪の毛:50~100μm
  • 花粉:10~1000μm
  • カビ:1~100μm
  • ウィルス:0.001~0.1μm

HEPAフィルターは高性能掃除機にも採用されるなど、非常に高性能なフィルターなわけですが、それに対しモレキュルに採用されているPECOフィルターは0.0002μm~0.002μmというHEPAフィルターが基準とする物質の1/1000という小さな粒子を除去できる性能を持っています。

ここまでくるともはや異次元すぎて想像もできませんが、花粉やハウスダストはもちろん0.03μm以下のウィルスなどにも効果を発揮する物凄いフィルターのようです!

浮遊ウイルスを90分99.96%除去

花粉を10分で79%除去

VOCを90分で検出不能レベルまで除去
VOCは、揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds)の略称で、ガソリン、シンナー、塗料、接着剤などに含まれる トルエン、キシレン、酢酸エチルなどが代表的な物質。光化学スモッグの原因物質の1つとされます

ハウスダストを20分で82%除去

※限られた試験空間での特定の物質に対する効果です。

モレキュル公式HPより引用

半年ごとに交換だから効果が落ちない!

モレキュルのエアフィルターは稼働時間が4384.8時間で、1日24時間稼働すると約半年、1日12時間稼働すると約1年で交換時期がきます。

しかもフィルター寿命が来ると本体の運転が出来なくなりますから汚れた状態や空気清浄能力が落ちた状態で使い続けることがありません。

購入はソースネクスト公式がオススメ!

molecule(モレキュル)

モレキュル Air mini+を開封

ここでは我が家に届いたモレキュル Air mini+を開封した時の様子を紹介します。

▼外箱はこんな感じ

シンプルでカワイイ箱にはいって届きました!

▼上のフタを開けるとこんな感じ

モレキュルの箱を開封するとセットアップ方法が書いてある

図解と簡単なセットアップ方法が記載してありました。

▼さらにこの下には取扱説明書とユーザー登録の紙とフィルター交換についての説明書きが入っていました。

モレキュルの取扱説明書とユーザー登録ガイドとフィルター交換についての冊子

▼さらにダンボールを開けると巾着に入った本体が見えました。

▼箱から取り出すとこんな感じ

モレキュルを箱から取り出した様子

梱包も包装もとにかくおしゃれ!満足感と所有感が半端ないです。

▼巾着から本体を取り出していきます

さやぴよ

ドキドキ

▼完全取り出すとこんな感じ

モレキュルの外観
さやぴよ

ジャジャーーン!めちゃくちゃかわいいぞ!!

▼本体表面にはモレキュルのロゴだけ

モレキュルのロゴ

本体表面は白のつや消しになっていて、正面中央にモレキュルのロゴがあるだけ。デザインは非常にシンプル。

▼本体下側には、空気の吸気口があります。

モレキュルの吸気口

このあたりも非常に洗練されたデザインだなと感じますね。

▼サイドにはハンドストラップがついています。

モレキュルのハンドストラップがヴィーガンレザーが採用されている

説明書にはヴィーガンレザーと記載されていました。

このような部分は気にされる方もいらっしゃいますから、よく配慮されているなと感じました。

デザインも強度もよく考えられていて、とってもかわいいですよね。

▼電源ケーブルも非常にシンプル

コンセントはダンボールで保護されていて、取り外すとすごくシンプルです。

さやぴよ

しっぽみたいでカワイイ

▼ケーブルは底面に巻き付けて収納しておく事が出来ます。

モレキュルの底面

▼ケーブル出口には粒子センサーがついていてここで空気の汚れ具合を確認します。

モレキュル背面には粒子センサーがついていて空気の汚れ具合を確認している

▼本体カバーはひねって取り外します。

カバーの取り外しは結構力が要ります。フィルター交換の時にしか取り外すことはありませんから、そこまで問題にはならないかと思いますが。

ハンドストラップで持ち歩いている際に不意に落ちてしまうということは無さそうですね。

▼カバーを外すと袋に入ったPECOフィルターが入っていました。

モレキュルに搭載されているPECOフィルター

▼PECOフィルターを取り外して上から見るとこんな感じ

モレキュルに搭載されているPECOフィルターの外観

▼PECOフィルターの表面と内側はこんな感じ

黒いほうが外側で白いほうが内側です。

▼フタ側には機械類が詰まっています。

どの方向で蓋を取り付けてもいいように電子接点が放射状についていますね。

購入はソースネクスト公式がオススメ!

molecule(モレキュル)

使い方・機能をチェック

操作は全て上面タッチパネルで出来る

操作方法はいたって簡単です。

電源コードをコンセントに差し込むと上面パネルが点灯し、中央のタッチボタンをタッチするたびに運転モードが変わります。

手動1→2→3→4→5→自動運転

タッチボタンを3秒長押しするとスタンバイモード(運転停止)になります。

操作はこれだけですので難しいことはないですね。

クリーンレベルは色でわかる

空気が汚れているかどうかは中央タッチボタンに点灯する4色のライトで判別する事が出来ます。

モレキュル Air mini+は空気の状態が色でわかる
画像はモレキュル公式HPより引用

【緑(きれい)→黄色(ふつう)→赤(やや悪い)→紫(悪い)】といった感じです。

さやぴよ

シンプルだけどとってもわかりやすいよ!

汚れを数値で表現する空気清浄機もありますが、数字で表現されてもよくわからないから、直感的でシンプルなこっちのほうがいいなって思います。

フィルターの交換時期が表示される

モレキュルは電源を入れるたびにフィルターの状態を随時チェックしてくれて、交換時期をインジケーターで表示してくれます。

このフィルターマークが白く点滅している間はフィルターの汚れ具合をチェックしています。

フィルターが問題なければ緑色に点灯し運転が開始します。

赤くなった場合はフィルターの交換が必要ですので運転開始が出来ません。

さやぴよ

フィルターが汚れた状態では運転開始できないのはすごくいい!

空気清浄機の中にはフィルターが汚れた状態でも使用できる機種がありますが、この状態では空気をきれいにできないばかりか汚れを部屋にまき散らしてしまう状態になります。

だからフィルター交換時期がくると運転できないというのはすっごくありがたい設計なんですよ!

昼はリビング、夜は寝室で使う

モレキュルは小型軽量
夜は寝室で使う

モレキュル Air mini+の重量は3.3kgと小型軽量なうえに、サイドにはハンドストラップがついていますから、各家庭の生活環境に合わせた使い方が出来ます。

さやぴよ

3.3kgといえば生まれたばかりの赤ちゃんと同じくらいの重さです!

余裕で持ち歩けますよね。

  • お昼は長い時間を過ごすリビングで自動運転
  • 夜は寝室に持って行って手動で静かに運転

といった具合に時間や状況に合わせて各部屋で使用する事が出来ます。

アプリと連携しスマホから操作する

モレキュルには専用のアプリが用意されています。

Molekule Air Purifier

Molekule Air Purifier

Molekule, Inc.無料posted withアプリーチ

このアプリを使う事でより便利にモレキュルを活用することが可能です。

  • 外出先からお部屋の空気の状態をチェック
  • 外出先からモレキュルを起動、操作する
  • PECOフィルターの劣化具合を確認する
  • 複数台のモレキュルを一括管理する

▼設定画面はこんな感じ

ガイドに従って設定すればいいだけなのでかなり簡単でした。

wi-fiは2.4GHz帯のみ対応みたいです。

▼アプリの画面はこんな感じ

操作性もシンプルだし、フィルター交換やキレイレベルの詳しい解説などが表示できるので説明書のかわりにもなっていいですね。

購入はソースネクスト公式がオススメ!

molecule(モレキュル)

メリットデメリット

モレキュル Air mini+の良いところ【メリット】

  1. 圧倒的に使いやすく、おしゃれなデザイン
  2. 子供のために開発された強力な空気清浄能力
  3. 持ち運びできて色々な部屋で使える
  4. 簡単に交換できるフィルター

圧倒的に使いやすく、おしゃれなデザインが良い!

モレキュルはシンプルでキュートなデザインがメリット

お洒落でカワイイ空気清浄機はたくさんありますが、高機能でかつ可愛くておしゃれなものってなかなかないんですよね。

高機能な空気清浄機はいかにもスマートでカッコイイデザインが多い。

会社や病院で使うのならまだしも、家で使うのであればナチュラルテイストの可愛い空気清浄機が欲しいという方は多いのではないでしょうか。

家に合うデザインも空気清浄能力も全部妥協したくない!という方にはピッタリの空気清浄機だと思います!

子供のために開発された空気清浄能力が良い!

モレキュルは子供がいる家庭でも安心して使える機能性がいい

冒頭でも解説した通り、モレキュルは開発者である科学者さんがひどいアレルギーと喘息に悩んでいたお子さんを救いたいと考え研究開発した商品です。

赤ちゃんは大人と比べて、一日中布団で寝ていたり、ハイハイしたりで床と非常に近い環境で生活しています。

日々家事育児で忙しい中で、細かな掃除が行き届かなかったりしてしまいますから高性能なフィルターを搭載したモレキュルにサポートしてもらえるのはとても心強いと感じています。

持ち運びできて色々な部屋で使えるのが良い!

モレキュルはどこにでも持ち歩いて使える小型軽量がいい

モレキュル Air mini+は高性能空気清浄機の中では非常に小型で軽量。

ダイニングボードの上にポンと置いて使ったり、夜は寝室のベッドサイドに置いて使ったりできます。

サイズ感が本当に丁度良くて、特にダイニングボードなどの高い位置に置いて使う際にも部屋に圧迫感を与えずに設置できます。

大型の空気清浄機は床に置いて使う事になりますが、子どもがイタズラしたり倒してしまってケガに繋がったりするので、このサイズ感、デザインは子育て家庭にはとってもウレシイと感じています!

さやぴよ

しかも超高性能なPECOフィルターを採用していますから、子どもの健康状態に気を遣う子育て世帯にはベストチョイスと言えるのではないでしょうか!!

簡単に交換できるフィルターが良い!

モレキュルはフィルターを簡単に交換できるのがいい

PECOフィルターは約半年で交換時期が来ますが、このフィルター交換が非常に簡単!

ちょっと固いですが、本体カバーをちょっとひねって取り外すだけでフィルター交換が可能で、時間にすると約10秒~20秒程の簡単な作業です。

水洗いでずっと使えるとうたっている空気清浄機は一見よさそうにも思いますが、実際に洗ってみるととっても面倒です。

家事育児をしている家庭であれば、パッと外して取り付けてごみで捨てるというほうが多少コストがかかってでも嬉しいんですよね。

モレキュル Air mini+のイマイチなところ【デメリット】

  1. 対応できる畳数がちょっと狭い
  2. いつもの手洗いうがいは必須

対応できる畳数がちょっと狭い

モレキュル Air mini+は対応している部屋の広さが10畳とちょっと狭いです。

我が家のようにアパート暮らしで、部屋数が少ないのであれば問題ないのですが、一戸建てや広いリビングがあるお家や吹き抜けがドーーンとあるお家に住んでいる方は、33畳までの広さに対応しているモレキュル Air Proを選んだほうがいいと思います!

いつもの手洗いうがいは必須

モレキュルは非常に高性能な捕集能力を持ったフィルターを搭載していますが、菌やウィルスを抑制する効果のある物質を放出しているわけではないので、手や体に付着したウィルスや菌は今まで通り手洗いやうがいで対策する必要があります。

さやぴよ

まあ、ここは普通に習慣になっているだろうからそこまで問題じゃないよね。

購入はソースネクスト公式がオススメ!

molecule(モレキュル)

気になるポイントQ&A

[qa-box01 title=”子供がいじっても安全?”]本体の背が低いため、倒れにくくできています。また、全体的に角がなく、丸いデザインで出来ていますから、転んでぶつかってもケガをすることは無さそうです![/qa-box01]

[qa-box01 title=”夜使ってもうるさくない?”]我が家では、夜に寝室で手動レベル1~2にして使っています。このレベルなら本当に静かで、うるさくて起きたことは一度もありませんでした。子供が夜中に起きちゃっても動かしたまま寝かしつけが出来ましたよ![/qa-box01]

モレキュルのバリエーション

モレキュルには今回紹介したAir mini+のほかにAir Proという広い部屋に対応した機種も発売されています。

ここでは、この2機種のデザインも含めスペックの違いを詳しく見ていきます。

モレキュル Air Pro

※画像はモレキュル公式HPより引用

モレキュル Air ProはAir mini+の上位モデルにあたる機種で、対応している畳数が大幅に増えています。

本体表面はホワイトではなくシルバー塗装になっていてちょっとカッコイイ感じですね。

適用面積約33畳
フィルター交換頻度4384.8時間
消費電力26.7W/h~124W/h
1時間あたりの電気代最低風量 約0.7円
最高風量 約3.3円
騒音レベル最低33dBa~最高64dBa
(Molekule社試験結果)
コード180cm
サイズ高さ59cm x 幅28cm
重量10.4kg
メーカー保証1年
本体価格179,850円(税込み)
交換フィルター価格13,750円(税込み)

リビングが広い一戸建てやマンションにお住まいの方はこちらのAir Proを選択したほうがよさそうですね。

モレキュル Air mini+

※画像はモレキュル公式HPより引用

小型コンパクトでアパート暮らしならこちらのほうがいいですね。

また、部屋数が多くてその都度持ち歩いて使用したい場合にもこちらのほうが軽くていいです。

本体価格もさることながら、交換フィルターの価格も手ごろなのはメリットが大きいかと思います。

適用面積約10畳
フィルター交換頻度4384.8時間
消費電力20W/h~55W/h
1時間あたりの電気代最低風量 約0.54円
最高風量 約1.485円
騒音レベル最低20.7dBa~最高59.6dBa
(日本JEM試験結果)
コード137cm
サイズ高さ30.5cm x 幅21cm
重量3.3kg
メーカー保証1年
本体価格79,970円(税込み)
交換フィルター価格8,140円(税込み)

他社製品との比較

ここからは、モレキュルAirと比較されやすい機種をいくつかピックアップして特徴を見ていきます。

今回比較したのは以下の2機種です。

競合製品候補
  1. Airdog(エアードッグ) X5s
  2. Panasonic ジアイーノ

一般的に出回っているHEPAフィルターを搭載している機種とは性能も価格も違いすぎますから、あくまでもHEPAフィルター以上の性能をもった機種のみに限って機種を選びました。

Airdog X5sとの比較

医療用として導入される事例も増えているAirdog X5s

Air mini+Air proAirdog X5s
性能0.0002μm~0.002μm
まで除去
0.0002μm~0.002μm
まで除去
0.0146μmまで除去
TPAフィルター
騒音最低20.7dBa
最高59.6dB
(日本JEM試験結果)
最低33dBa
最高64dB
(Molekule社試験結果)
最低22dBa
最高51.0dB
サイズ高さ:30.5cm
幅:21cm
高さ:59cm
幅:28cm
高さ:65cm
幅:31cm
対応畳数10畳33畳42畳

公式HPに記載されているスペックを比較したところ、フィルター性能でPECOフィルターを搭載したモレキュルの方が性能が高いようです。

Airdog X5sはフィルターが交換式ではなく、水洗いするタイプです。

計4枚のフィルターを洗って乾かしてまた取り付けてという作業が苦にならないのであれば、コストパフォーマンスはよさそうです。

ただ、デザインはカッコイイ感じでナチュラルな我が家には合わないなと感じました。

会社や病院であれば対応畳数の広いAirdogを選んでもいいと思いますが、家庭用にはモレキュルの方があっているように思います。

Panasonic ジアイーノとの比較

Air mini+Air proジアイーノ
F-MV2100
性能0.0002μm~0.002μm
まで除去
0.0002μm~0.002μm
まで除去
騒音最低20.7dBa
最高59.6dB
(日本JEM試験結果)
最低33dBa
最高64dB
(Molekule社試験結果)
最低20dBa
最高46dB
サイズ高さ:30.5cm
幅:21cm
高さ:59cm
幅:28cm
高さ:71cm
幅:40cm
対応畳数10畳33畳12畳

しかしジアイーノは匂い分解やウィルス除去に重点を置いた製品のため、花粉やハウスダストを捕集することはできません。

ウィルス対策も子供のぜんそく・花粉対策もどちらにも対応できるものを選びたいならモレキュルのほうがよさそうですね。

逆に、不特定多数の人が出入りする場所などで広い畳数の空気をきれいにしたいという用途にはジアイーノが向いているかもしれません。

モレキュルAir mini+は子育て家庭にピッタリ!

今日はソースネクストから発売されている高性能空気清浄機モレキュルAir mini+をレビューしました。

モレキュルは子育て世帯にオススメな空気清浄機

実際に使ってみて、デザイン、機能等どれをとっても子育て世帯にとってはぴったりの空気清浄機だと感じました。

赤ちゃんの頃は多くの時間を家の中で過ごしますから、ウィルス・花粉・ハウスダスト等を極力除去してあげてきれいな空気のなかですくすく成長していってほしいですよね。

すでにお子さんがいらっしゃる方もこれからお子さんが生まれる方も是非検討してみて下さい!満足できる製品だと思います。

購入はソースネクスト公式がオススメ!

molecule(モレキュル)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

北海道在住 20代専業主婦 夫と子の3人暮らし 

コメント

コメントする

目次